テクノロジー

5Gが変えていく未来【通信システムが起こすイノベーション2019】

投稿日:

Pocket

2020年に、いよいよ日本で5Gサービスが開始されます。5Gとは一体どんなシステムであり、どんなものなのか、気になっている方も多いと思います。

5G【ファイブジー】
Gはジェネレーション、第5世代移動通信システムと呼ばれます。

本記事では、5Gが私たちのライフスタイルやビジネススタイルをどんな風に変えていくのか、またこれまでの移動通信システムや5Gの現状・未来について触れていきます。

5Gを理解することで、生活をするうえでのワンランク上の知識や、ビジネスでの勝機をつかむことができ、未来を生き抜いていく術を今のうちに獲得することができます。

通信システムの歴史


まず移動通信システムの歴史です。

1G (1980年代~)
アナログ方式、音声初の携帯電話ショルダーフォンの普及

2G (1990年代~)
デジタル方式、パケット通信、音声、メール、PHS、携帯電話の普及


3G (2001年~)
音声、データ通信、静止画、海外での使用、i-phone、スマートフォンの普及


4G / LTE (2012年~)
大容量データ通信、高精細動画、モバイルゲームスマートフォンの更なる普及


そして、いよいよ令和から5Gの時代へ突入する。

5Gがもたらす3つのポイントとは?

高速大容量通信

より高速に、より大きなデータを送信できるようになります。

4G 1Gbps(1秒間に1ギガビットの転送)
5G 20Gbps(4Gの20倍の速度)

低遅延通信

低遅延、つまり通信の遅延が少なくなります。反応が速くなるということ。

4Gの遅延は5mm秒(0.005秒)
5Gの遅延は1mm秒(0.001秒)

多数同時接続

より多くのデバイス端末と接続が可能になります。

4Gでは1k㎡で6万台の接続
5Gでは1k㎡で100万台の接続が可能になります。

5Gが変える私たちの生活とは?

5G通信が本格的に始まることによって、私たちの生活はどのように変化していくのでしょうか

ARでの遠隔会議ができる

ARとは拡張現実と言われますが、離れた場所から会議に参加するのがスタンダードになっていく時代になります。

ホロレンズを装着すれば、その場にいない参加者をホログラムとして投影することができます。

離れた場所にいる人間があたかも目の前にいるかのように、表情やしぐさをみて会話ができます。

こういった技術が進むことにより、会社勤めの方のスタイルも変化していき、今より在宅勤務、リモートワークなどが加速化するのではと思います。

触覚伝送による医療革命

触覚伝送により正確な人間の力感触を再現することができるようになります。
4Gでは通信遅延の影響で映像や動き自体にわずかなズレが生じてしまい、正確な動きや力触覚を再現することができませんでしたが、5Gの高速通信と低遅延通信により、繊細な力加減遠隔での機械操作などが可能になります。

遠隔操作は実用化されれば、人手不足の業界を救うことのできる画期的な技術だと思います。建設業や農業などもそうですが、医療的な分野では特に大きな需要があります。

例えば東京にいる医者が、地方にいる患者を診察したり手術ができるようになれば、医者不足で苦しんでいる地方の人達を救うことができます。地域に病院がなくても診察や治療を受けることができるのです。

遠隔医療の実現には、技術面や法律面でも課題は多くありますが、是非実現して欲しいと思います。

5Gでエンターテイメントが進化する

多数同時接続が可能になることにより、スポーツやエンターテイメントが進化します。

例えばアーティストのライブですが、ステージの目の前で見れる良い席を獲得できれば必要はないですが、後方の席の人達はステージ横のテレビ画面でしか、アーティストの表情やアクションが見れません。

これからはスマートフォンなどのデバイスを使って、ステージを様々な角度から見れるようなサービスが普及していきます。

これは5Gによる高速通信と多数同時接続が可能にします。現在の4Gでは1k㎡、6万台のデバイス接続が可能ですが、大型の音楽フェスティバルの平均動員は、あのロックインジャパンフェスで28万人近く動員しています。

4日間行われているので、1日あたり7万人という計算になりますが5G通信でなければ、この人数すべてのスマートフォンを接続させることは出来ません。

5Gが実用化されることによって、大型フェスやスポーツ観戦などの楽しみ方が広がっていくのかもしれません。

スマートシティは実現するのか?

5Gが実用化されると、スマートフォンだけでなく様々なモノがインターネットと連動されるようになります。

いわゆる「 Iot (internet of things)」です。すべてのモノがインターネットに繋がるということです。

スマートシティとはAIやテクノロジーで、すべてがデータ化され、すべての機械がインターネット通信によって管理された街です。

自動車はすべて自動運転となり、交通システムはデータをもとに、交通量や信号待ちの時間などもテクノロジーによって効率よく調整され、街中にはセンサーが設置され、リアルタイムで有益な情報が街中に溢れます。

商業施設に入れば、あなたのスマートフォンが自動認証され、あなたが普段興味のあるものの情報が目の前に映し出されて、購買活動を促進させます。

5Gの世界競争

2019年現在の情報ですが、5Gの活用で先頭を走っているのはアメリカと韓国です。
 両国は2018年に5Gの商用サービスを開始し、その後を中国が追いかけている状況です。そして2019年中には世界各国で5Gサービスが随時始まります。

アメリカのシェアナンバーワンであるベライゾンは2018年10月より「世界で初めて5Gの商用サービスを開始した通信事業者」と言われています。

既に「ベライゾン5G Home」というサービスを開始しており、通信工事は必要なく、自宅内に端末を置くだけで無線LAN環境を作れるというものです。

そしてベライゾンは2019年4月にスマートフォン向けの5Gサービスを開始しています。

日本の5Gはどうなる?

日本で5Gがはじまるのはオリンピックがある2020年の春頃となります。既に第1弾の大手キャリアへの周波数割り当てが完了したようで

NTTドコモ
KDDI
ソフトバンク
楽天

の大手4社は、割り当てされた周波数で各地域の整備を進めていき、2019年の秋には試験としてサービスを始めていく予定です。そして来年の2020年春以降の商用化を目指しています。

日本は世界から商用化の面では遅れをとっていますが、5Gサービスの使い方の面では他国よりも研究に研究を重ねています。

通信インフラの上で、どのように人のライフスタイルを革新できるか、そして企業や社会のイノベーションを実現できるか、と試行錯誤を重ねていますので、これからの日本の5G動向を期待したいと思います。

  • この記事を書いた人

ノジソウタ

18歳から7年をパンクロックに注ぎ込み花がひらかず挫折。普通の人生を選び、サラリーマンの道へ、現在は人材系企業の中間管理職・3児の父としても奮闘中。40歳までに人生における資産を作りたく、令和になってからブロガーデビュー。既に後発ですが…ブログと動画制作で高みを目指します全て自己責任の人生を生きるべく修行中です。

-テクノロジー
-, , , ,

Copyright© BLOGLORY コビナイジンセイ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.