Blog Life Log

副業ブログを外注してみた「ALVO」の記事代行サービスはどうだった?

副業ブログを外注してみた「ALVO」の記事代行サービスはどうだった?

ブログを始めて2年が経過しましたが、初めてブログ記事の外注を体験してみました。

今回は、筆者がブログ記事を外注してみて実際にどうだったのか?

ブログ記事を外注して良かったことや、気を付けるべき事などを、体験談としてまとめていきたいと思います。

これから、ブログ記事を外注してみようと考えている人は、ぜひ参考になさってください。

僕がブログ記事を外注した3つの理由

僕がブログ記事を外注した3つの理由

ブログ記事を外注しようと思った理由は以下の通りです。

  • ブログを書く時間を減らしたかった
  • ブログ記事を外注してみたかった
  • 収益が思うように伸びなくなってきた



一つずつ解説していきます。

ブログを書く時間を減らしたかった

筆者がブログ記事を外注したのは、シンプルにブログを書く時間を減らしたかったからです。

今でも文章を書くことは大好きなのですが、筆者はブログ1記事を書きあげるのに、大体3時間〜5時間くらいかけているので、この作業時間をなんとか減らしたいなぁと考えるようになりました。(休日に執筆しているとあっという間に休みが終わる…)

中でも、記事ネタの構成を考えたり、キーワードをリサーチしたり、必要な情報をインターネットでググったりするのに、多くの時間を取られるんですよね。

この作業時間も含めて誰かにやってもらえたら、自分の時間を他のことに使えるなぁと思い、いっそのこと「ブログ記事を外注してしまおう!」という判断に至りました。

ブログ記事を外注してみたかった

「自分はブログ記事は外注してるんだよね」これを、ドヤ顔で言ってみたかったんですよね。

冗談はさておき、ブログ記事の外注を経験しておきたかったというのがあります。

  • 外注ってどんな手順で進めるのか
  • ライターさんとのやりとりはどんな感じなのか
  • ライターさんのレベルはどのくらいなのか
  • 外注費用ってどのくらいなのか


一人で記事を書いていると、上記のようなことが全く分かりません。

外注を一度経験してみることで、今後、自分がビジネスをやっていく上で役立つ情報が得られるだろうと考えました。

ブログ収益が思うように伸びなくなってきた

最後にぶっちゃけた本音を言うと、ブログ収益が伸び悩んできたというのがあります。

これまで累計200記事以上の記事を書いてきましたが、当初目標としていた収益目標額には未だ届いてません。

ずっと独学でブログ運営をやってきましたが、ここのところ、収益アップに限界を感じてきていたんです。

一度、プロのライターさんに依頼をすることで、この息詰まった状況が打破できるヒントにつながるのではないかと考えて、外注することにしました。

次に実際に使った「ブログ記事代行サービス」について解説します。

記事作成代行サービス「ALVO」とは?

記事作成代行サービス「ALVO」とは?

筆者は「ALVO」という記事作成代行サービスを利用しました。

ALVOは担当者がお客様とコミュニケーションを通して、Webメディア・ブログ記事作成における ニーズを汲み取り記事作成にあたるので、お客様の求める記事を作成することが可能です。

また、ALVOはキーワードの選定や画像の挿入など記事作成に付随する業務も まとめて代行いたしますので、Webメディア・ブログ運営の完全外注化を実現します。

ALVO公式ホームページより引用



ALVOの主な特徴は以下の通り。

  • 顧客の要望にあった記事作成
  • 記事制作業務の完全外注化を実現
  • 記事の品質をしっかり担保



ALVOの記事代行サービスは、法人・個人問わず対応していますが、個人のアフィリエイターからの問い合わせが多いようです。

全ての記事に対して高精度の「コピペチェックツール」をかけているので、信頼性の高い記事が期待できます。

ALVOの記事作成代行サービスの料金プラン

ALVOの料金プランですが、ライターのランクやオプションによって値段が変動します。



基本料金(ライターランク)は以下の通りとなっています。

  • ブロンズ 1.5円/1文字
  • シルバー 3.0円/1文字 
  • ゴールド 4.5円/1文字 



追加で以下のようなオプションを依頼することができます。

プラチナライター:+1.4円/1文字
厳選されたライターがより質の高い記事を作成します。
より高いクオリティをお求めの方向け

専門ライター:+3円/1文字
士業・医療などの専門職従事者にライティングを依頼できます。
YMYLの観点から、金融・医療・法律などの専門ジャンル向け。

■画像投稿:+1円/1文字

■キーワード選定:+1.0円/1文字

■校閲:+1.5円/1文字 



ライターランクの「ブロンズ・シルバー・ゴールド」の違いを問い合わせてみました。

ブロンズ
ライター経験が浅く、SEOの知識がないライターが担当

シルバー
SEOライティングができるライターが担当

ゴールド
ライター経験が豊富で、SEOライティング、セールスライティングに長けているライターが担当



色々と悩んだ結果、筆者は以下のプランを選択しました。

  • シルバーライター(3円/1文字)
  • キーワード選定(1円/1文字)
  • 5記事を依頼(2000文字まで)
  • 総額 44,000円(税込)



無難なシルバーライターを選び、一番時間のかかるキーワード選定もお願いしました。ぶっちゃけ「ちょっと高いな…」と思ったのですが、まずはどんなものか試したかったので、思い切って依頼をすることにしました。

ALVOに依頼から納品までの6つのステップ



ALVOへの依頼〜記事の納品までの流れは以下の通りです。

  • フォームにて相談申込
  • ヒアリング(打ち合わせ)
  • 発注確定
  • 料金の支払い
  • ライターによるライティング
  • 記事の納品

フォームにて相談申込

まず、ALVOの公式サイトにアクセスしましょう!

>>ALVO公式サイトはこちら

公式サイトにアクセスしたら、「記事作成相談をする」をクリック。

ALVO



次に「発注相談フォーム」に個人情報と依頼内容を入力しましょう。依頼内容は詳しく入力することをおすすめします。

ALVOに依頼から納品までの6つのステップ

細かい相談内容まで入力したら「送信する」をクリックして、担当者からの連絡を待ちましょう。

ヒアリング(打ち合わせ)

担当者からメールが送られてくるので、打ち合わせ日時を決めます。打ち合わせは、「WEB」「電話」のどちらかを選択することができます。

打ち合わせの内容は以下の通りです。

  • 運営しているブログのコンセプト
  • ターゲットやペルソナ
  • 依頼したい記事の内容
  • 狙いたいアフィリエイト案件
  • ALVOのサービス説明や流れ


打ち合わせ時間は、およそ30分〜45分程度で終了します。

発注確定

打ち合わせ後、発注書がALVOから送られてくるので、その内容で発注をするのかを判断します。正式発注する前に、狙いたいアフィエイト案件に追加があったり、記事コンセプトに変更があるようであれば、しっかりとメールで伝えておきましょう。

料金の支払い

発注確定したら、請求書が送られてくるので、ALVOの指定口座に入金をしましょう。入金確認が取れた段階で、ALVOによる記事代行サービスがスタートします。

ライターによるライティング

ここから、ライティング部門のディレクターとのやりとりになります。複数の記事を依頼している人は、一気に納品ではなく、1記事ずつデータが送られてきます。

内容をチェックして、気になるところや修正点があれば、そのディレクターに伝えるようにしましょう。

記事の納品

記事の納品が完了して、問題がなければ、そこで取引終了です。この時までに記事内容のチェックを徹底して、何かあれば早めに伝えるようにしてください。

>>ALVOでブログ記事を外注してみる

ALVOの微妙だったところ

ALVOの微妙だと感じたところは以下の通り。

  • 支払いがクレカ決済ではなく銀行振込
  • そこそこ誤字脱字があった
  • キーワード選定が微妙だった

支払いがクレカ決済ではなく銀行振込

なんと支払いにクレジットカードが使えませんでした。銀行振込のみだったので、振り込む手間がかかるのと、振込手数料がかかったので、何だか損した気持ちになりました。

そこそこ誤字脱字があった

Googleドキュメントで、完成した記事データを納品してもらったのですが、意外にも誤字脱字がありました。5記事納品してもらって、3記事は誤字脱字がありました。

こちらは時間を確保する為に、外注しているので、もうちょっと厳しく文章チェックをして欲しいと思いました。

キーワード選定が微妙だった

依頼した「キーワード選定」が微妙でした。

筆者がキーワード選定を依頼したのは、自分とは違う視点のキーワード選定を期待していたのですが、出来上がってきたのが、よくある想定通りのキーワード選定だったので、この点はちょっとガッカリしました。

ALVOの良かったところ

ALVOの良かったところは以下の通り。

  • 記事のクオリティに満足できた
  • 文字数をサービスしてくれた
  • ブログの特徴を捉えて記事を書いてくれた
  • 納期よりも納品が早かった

記事のクオリティに満足できた

誤字脱字やキーワード選定はさて置き、出来上がったブログ記事の構成やライティングには満足でした。自分が書いた文章よりも読みやすく、サービスの内容を深いところまでリサーチしてくれていて、読者の悩みを解決するような記事に仕上がっていました。

また、文章の書き方が勉強になったので、自分のブログに取り入れていきたいとも感じました。

文字数をサービスしてくれた

文字数を2000文字でお願いしていたのですが、なんとライターさんがサービスをしてくれたのです。

納品された記事の文字数カウントを調べてみると、3500文字くらいまで増やしてくれた記事が3記事ありました。

ライターさんからは、「コンテンツのクオリティを上げるために、独自の判断で文字数を増やしたので、料金のことは気にされないでください」というメッセージを頂きました。

サービス精神の旺盛さに感動しましたね。

ブログの特徴を捉えて記事を書いてくれた

自分のブログでよく使っているフレーズであったり、記事のクセなどを、コピーして記事を書いていただきました。

ちゃんと自分のブログを読み込んでくれて、違和感のないように記事を作ってくれたのは有り難かったです。

納期よりも納品が早かった

実際の納期よりも早く納品をしてくれました。当初は2週間程度かかると言われていたのですが、実際には10日程度で、記事を仕上げていただいたので、スピーディーな対応が素晴らしかったです。

ALVOはこんな人におすすめです。

ALVOの記事代行サービスはこんな人におすすめです。

  • ブログ記事にかけている時間を減らしたい人
  • 家族と過ごす時間を増やしたい人
  • 自分の好きな事に没頭する時間を増やしたい人
  • ブログ収益が伸び悩んでいる人


今回、初めてブログ記事を外注してみましたが、正直外注して良かったと思っています。ALVOのサービスについても、先行投資ではありますが、思っていた以上に満足することができました。

ブログ記事を外注して自分の時間を有効に使おう

ブログ記事を外注して自分の時間を有効に使おう

ブログ記事を外注するメリットはたくさんありますが、その中でも「記事の執筆を任せることで、自分の時間を作れる」という点が最も大きな魅力だといえます。

筆者は、一つのブログサイトの記事を外注することで、別のブログサイトの記事を作る時間ができたり、家族と過ごす時間や、大好きな読書に注ぐ時間を増やすこともできるようになりました。

これからも適度にブログ記事の外注をしつつ、自分の大切な「未来の資産」を増やしていきたいと思います。一番大切なのは自分の時間ですからね。

ブログの外注に迷っている人は、ALVOのサービスを試してみることをおすすめします。

>>ALVOでブログ記事を外注してみる



  • この記事を書いた人

ノジソウ

本業はサラリーマン。中小企業で管理職をやりながら、副業でブログを書き続ける孤独な副業ブロガー。自分の体験してきた事や、購入して良かったおすすめアイテムを紹介します。自称ミニマリスト。お酒と音楽を愛している。