コビナイジンセイ 自己啓発・働き方・人生哲学

BLOGLORY

自己啓発・人生哲学

すぐカッとなる性格は損だらけ【アンガーマネジメント10選】

更新日:

Pocket

こんにちは。働き方アドバイザーブロガーのノジソウタ(@nojisoufreedom)です。

今回は「アンガーマネジメント」について触れていきたいと思います。

anger (アンガー) =怒り

喜怒哀楽の中で最も強いエネルギーを持っている「怒り」

この人が持つ「怒り」のパワーが、一つの国を変えてしまうほどの結果をもたらす事もあります。不条理な世の中において、時に「怒り」が正義として必要になるシーンもあるでしょう。

しかし「怒り」は表現の仕方次第で、あなた自身の価値や信頼を一瞬でゼロにします。あなたがこれまで積み上げてきた「信頼」「価値」を失わない為にも、「怒り」と上手に向き合っていく必要があるのです。

アンガーマネジメントとは?

アンガーマネジメントとは、1970年代にアメリカで生まれたとされている怒りの感情と上手に付き合うための心理教育、心理トレーニングです。現在、日本でもアンガーマネジメントの受講者数は年々右肩上がりに増加しており、2018年度は約24万人、統計を取り始めてから2019年半で述べ100万人の方が当会の講座、研修などを受講しています。アンガーマネジメントを学び、人が人に当たらない社会、怒りが連鎖しない社会を実現しましょう。

※日本アンガーマネジメント協会より抜粋

「人が人に当たらない社会」、これは当たり前であって欲しいのですが、これが当たり前でないのが現代社会だと思います。

すぐに「カッとなる性格」は必ず人生を不幸にします。


生まれてくる感情のコントロールをしてこそ、人間として一人前、それがプロのビジネスパーソンであるとも考えます。

より豊かな人生を送っていく為に、以下の「アンガーマネジメント10選」を実践していきましょう。

ベストオブアンガーマネジメント10選

すぐに行動せずに立ち止まる

怒りの感情が芽生えた時にすぐに行動してしまうと、あなたの価値に大きな損害をもたらす可能性があります。

一般論では怒りの感情は6秒と言われています。まずは6秒待ってから自分の感情と向き合い、どのような対応が一番ベストなのかを考えましょう。

怒るに至った出来事を手帳にメモする

怒るまでに至った出来事を手帳などにメモしましょう。

一体何が起きてしまい、それを自分がどう感じて、何が嫌で怒るに至ったかという経緯をメモしましょう。

その書いたメモを深掘りして、まずは自分の怒りの沸点を見極めて理解しましょう。

自分の怒りの沸点を理解することで新たな発見につながり、自分の感情、ネガティブな怒りをうまくコントロールできるようになります。

疑問系の問いかけをしない

疑問系の質問は自分の怒りを増長させる言葉です。

「なんで?」「どうして?」「わからないの?」
「それで?」「できないの?」「どうしてくれるの?」

こういった言葉はNGワードになりますので覚えておきましょう。

こういった疑問系の言葉を放ってしまうと、自分の感情を更に刺激します。そしてどんどん相手を追い詰めてしまい、ただのいじめになってしまいます。

絶対にやってはいけないと心に刻みましょう。

別の部屋やスペースに移動する

商談や面談などで険悪になったり、議論に行き詰まった場合の手法としてよく活用されますが、場所を変えて話し合うと感情がフラットになり、話し合いが円滑に進むことがあります。

一人の時でも同じですが、今居る場所から出て、別の場所で一息つく事で感情の波が元通りになります。

少しストレッチやジャンプなどをして体を動かすことで更に気持ちが落ち着きます。

「仕方ない」をルーティンに

多少の事は目をつぶる。これをルーティンにしてしまいましょう。

「怒り」はかなり高いエネルギーを使います。

ささいな事で目くじらを立てて、その都度「怒り」のエネルギーを消耗するのはとてもコスパが悪いです。

怒るべき事と、そうでない事の境界線を作り、自分のエネルギーを調整しながら対応していきましょう。

目をとじて瞑想する

目をとじて瞑想する。修行僧のようですが…これは意外に効果があります。

すべての視界に入る情報というものは、人間の脳に少なからずストレスを与えています。目をとじて情報をなくす事で大きなリラックス効果があります。

ヨガでよくやりますが、目をとじて手を合わせる事で、雑念を消し更なるリラックス効果を得ることが出来るので、日々のルーティンとして実践してみましょう。

どうしても怒る必要がある場合は端的かつ感情をフラットに


どうしても怒る必要のある場面はもちろんあります。

その際には同じ事をダラダラと指摘しないように気を付けましょう。

指摘している側は「ストレスを吐き出す」事が目的になっています。よって話が長すぎると逆効果になりますし、生産性がありません。

そして、表情にも気をつけてあくまで平常心で指摘するようにしましょう。

怒りそうになったら自分は試されていると考える

自分が行う事の一つ一つには必ず原因があり、その原因に対して結果があります。まさに因果応報です。

常日頃、起こる出来事はあなたの一つ一つの行動から生まれたものなのです。自分が行動を起こす時に考えて欲しいのは、「本当にこの選択や行動で後悔はないのか?」と一歩立ち止まって考えて頂きたいと思います。

この段階でどんな対応をするのか?
今自分は試されてるのではないか?

と考えるだけで、安易に激怒・激昂するというネガティブな選択を避けられるようになります。

そして安易に激怒・激昂してしまった後の事を考えましょう。きっと自己嫌悪になった上で、やるせない気持ちを味わい、そして周りからの信頼を失ってドン底に突き落とされる事になります。

今、自分は試されている…という事を意識しながら生きていきましょう。

怒る時は相手の人格を否定しない

相手に指摘する時、どうしても相手に伝える必要がある時は、相手の人格を否定するのはやめましょう。

あなたが怒ったのは何故でしょうか?
それは相手があなたの希望を満たせなかったからではないでしょうか?

ならば相手の人格ではなく、行動の中に問題があったのですから、その行動に至った事を責めるべきです。

自分の価値観で相手を見ない

自分と他人は生きてきた環境も違えば、学んできた事、経験してきた事も違います。

そんな別の人間を自分の価値観だけで判断しない事が大切です。
相手の価値観を理解するというのは、とても難しい事ですが、普段から相手の立場にたって物事を見れるようなクセをつければ、そこまで難しいものではありません。

まとめ:あなたの信頼を守るアンガーマネジメント10選

 

アンガーマネジメントとはカンタンに言えば感情をコントロールする技術です。
車を運転する技術と一緒で、操作になれてしまえば、アクセルをかけたり、ブレーキをかけたり、自由にコントロールが出来るようになります。

但し、操作を間違ってしまえば、自分自身や相手を傷つけてしまう恐いものでもあります。

はっきりと断言しますが、「カッとなる性格」は人生を不幸にします。

私は「怒り」は「破壊」と同じだと考えています。感情に振り回される人生は悲しいです。
時に「怒り」が時代を変えるくらいのエネルギーになる事も理解していますが、それも使い方の問題だと考えます。

「怒り」の感情をうまくコントロールして、損をせずにより豊かに生き抜いていきましょう。

  • この記事を書いた人

ノジソウタ

18歳から7年をパンクロックに注ぎ込み花がひらかず挫折。普通の人生を選び、サラリーマンの道へ、現在は人材系企業の中間管理職・3児の父としても奮闘中。40歳までに人生における資産を作りたく、令和になってからブロガーデビュー。既に後発ですが…ブログと動画制作で高みを目指します全て自己責任の人生を生きるべく修行中です。

-自己啓発・人生哲学
-, , , , , , , , ,

Copyright© BLOGLORY , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.