ビジネス本 レビュー

【文章を書くのがつらい時に読むべき本】ブログのモチベーションをあげる必読の4冊 

【文章を書くのがつらい時に読むべき本】ブログのモチベーションをあげる必読の4冊 

こんにちは。ノジソウです。

 

ブログ歴が約2年のサラリーマンブロガーです。副業でブログを書き始めてから、約2年が過ぎようとしています。(時の流れは早いですね。2歳老けました。)

 

何事にも飽きっぽい僕が、よくもまぁここまでブログを書き続けられるなぁと、我ながら自分に感心しています。

 

これからも命続く限り、文章に魂を込めて書くことを継続していきたいと思います。

 

僕のように文章を書くのが好きな人でも、なかなか書きたい文章が出てこない時ってありますよね。(こういう時って本当に辛いですよね…。)

 

パソコンを開いたのに、何を書こうかと考えているだけで1時間、2時間と過ぎ去ってしまった経験って誰にでもあるのではないでしょうか?(僕はしょっちゅうあります。)

 

そんな時に、僕の文章を書くモチベーションをアップさせてくれたおすすめ本をご紹介します。

 

うわぁ、文章が出てこない…。」と言う時に是非読んで欲しい本です。

 

早速、行ってみましょう!!

 

売れるコピーライティング単語帖

 

あのメンタリストDaiGoさんが推薦している本です。著者の神田昌典さんは、その昔アメリカで流行っていた「コピーライティング」を日本に定着させたという偉人です。

 

ペンは、剣よりも強し」というこの理念を証明していくことが本書の目的と言われています。

 

この本は「コピーライティング」や「セールスライティング」の基本である「PASONAの法則」を基本に、誰にでもモノが売れるライティングの模範を示してくれる一冊です。

 

PASONAの法則

 

僕は、ブログのタイトルをつけるのに悩んだ時など、この本を開いて考えることが多いです。

 

売れるコピーライティング単語帖

 

「書く手が止まったときに、いつでも開いてください」

 

この書籍は、ブロガーにとって、ネタが出てこない時に見る、いわゆるライティング百科事典とも言える存在なのです。

 

Amazonで見る

 

書くのがしんどい

 

あの前田裕二さんの「メモの魔力」を手がけた編集者さんであり、株式会社WORDS代表取締役の竹村俊助さんの書籍「書くのがしんどい」です。

 

書籍の名前の通り、「書くのがしんどいなぁ…」と感じている人に是非とも読んでいただきたい一冊です。僕も「なんだか書くのがしんどいなぁ」と感じる事がよくあります。

 

書くのがしんどい

 

この「書くことがしんどい」と感じる背景には

「書くことがないなぁ…」

「なんか思ったように伝わらないなぁ…」

「あまり読まれないなぁ…」

「書くのがつまらないなぁ…」

「書く事が継続できないなぁ…」

といったモチベーション低下が原因となります。

 

この一つ一つのしんどいをつぶしていければ、「書くことのが楽しい!!」というモチベーションに行き着くことができるのです。その解決のヒントが「書くのがしんどい」には書かれています。

 

物事に敏感な人は取材に向いている。生きづらいかもしれないが、アウトプットすれば立派なネタになる

引用元:書くのがしんどい

 

文章を書くことに迷ったり、辛くなった時には、ぜひ読んでみてください。

 

Amazonで見る

 

相手を洗脳する文章テクニック

 

この書籍はなんと2008年に出版された本なのですが、だいぶ時が経過した今でも色あせない有効な「文章テクニック」を教えてくれる一冊です。

 

著者の宮川さんは、NLP(神経プログラミング言語)のトレーナーでもあり、人を洗脳する潜在意識の操り方にも詳しい人物です。

 

文章を使って、相手を自分の意のままに操りたいという方にとっては、学びになる本です。

 

宮川さんは、本書の中で、「他人を思い通りに動かす」よりも、「自分を思い通りに動かす」ことが最も大切だと言っています。

 

あなたのコミュニケーション能力が上達すればするほど、あなた自身も変わることができるのです。

ですから、本書から学んでいただきたいのは、他人を思い通りに動かす方法だけではなくて、自分も思い通りに動かす方法です。

あなたが変われば、周りにもよい影響を与えることができます。

引用元:相手を洗脳する文章テクニック

 

文章を通じて、相手の考え方を大きく変えることができる、そして、自分自身の考え方も大きく変えることができる。

 

会話するよりも、『文章は人の感情を大きく揺り動かすことができる』と言い切っており、相手の心をノックするような文章を作りたいなら、おすすめの一冊です。

 

Amazonで見る

 

稼ぐ人の超速文章術

 

著者の中野巧さんは、「共感」と「再現性」をテーマにした文章作成法「エンパシーライティング」を開発された人です。

 

中野さんは、この「エンパシーライティング」で、文章のプロとして、小学生から経営者まで多くの人たちに文章のノウハウを教えてきました。

 

「超速文章術」というタイトルの通り、文章を速く書くことと、速くて上手い文章を書くことは、スキルを身につければ、必ず両立できると本書では語られています。

 

どんなに上手い文章が書けても、時間がかかりすぎれば、あっという間に時代があなたを追い越していってしまいます。

つまり、上手い文章を、「速く書ける」ことが、時代の求めるスキルなのです。

引用元:稼ぐ人の超速文章術

 

SNSでの発信のコツや、ブログ・メルマガで読まれる文章を書く方法、セールスライティングなどを学べる一冊です。なかなか、文章が出てこないという時に読んでみてはいかがでしょうか?

 

Amazonで見る

 

ブログを書くならASPにも登録しておこう

ブログを書くならASPにも登録しておこう

どうせブログを書くなら、商品やサービスを紹介して収入に繋げるのもありですね。そのためにはASPにも登録しておきましょう。

 

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)は、商品を紹介してそのリンクや広告から商品が購入された場合に紹介手数料が入るというシステムです。

 

おすすめは以下のASPです。すベて「登録は無料」です。

 

 

転職系アフィリエイトやるならこのASP4選【2020年からでも稼げる理由も教える】
転職系アフィリエイトやるならこのASP4選【2020年からでも稼げる理由も教える】

続きを見る

  • この記事を書いた人

ノジソウ@管理職リーマン

人材系の管理職リーマン。ブラックな企業で社畜となり消耗してきた経験を糧に「すべての働く人達に希望を!」という自己満なテーマで発信中。2児の父。 座右の銘は『すべてに一喜一憂しない』である。読書・ギター・動画編集・ビールが主な趣味。

Copyright© BLOGLORY , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.