ポジティブ 哲学 有意識 習慣

ポジティブになれる良い習慣【有意識でツキを呼びよせれば誰もが幸せになれる】

更新日:

Pocket

人材アドバイザーのノジソウタです。


人材派遣・職業紹介の分野でこれまで500社ほどのクライアント企業の採用相談1000人近くの求職者の皆様のサポートをして参りました。


人のモチベーションというものは、浮き沈みが激しく、それは万人共通の悩みでもあります。どんなに強くてたくましい人でも、何かにぶつかり落ち込んでしまったら、足かせをされたかのように動けなくなることがあります。

ではモチベーションが下がると何が起きるか?

行動を妨げてしまうネガティブな感情が生まれてしまい「ツキ(運)」が離れていくのです。結論、モチベーションが保てなくなるとネガティブな思考になり、不幸な人生を歩むことになってしまうということです。


その悩みを解決するためには、モチベーションを保ち続ける方法を身につけ、ポジティブになることしかないのです。そしてその努力の結果、ツキ(運)を呼び寄せることができるのです。

「有意識」を自然に行えるようにする

はじめに最も大切な内容からご説明します。
「有意識」の感覚を、どんな状態でも貫けるように訓練することが必要です。
有意識…つまり常に意識をして取り組むということです。言葉にすると簡単なことかもしれませんが実践することは非常に難しいです。


よくある話ですが、必ず継続しようと決めたことが、たった1日をもって終了してしまったという事はありませんか?


「今日1日は絶対に怒らないで笑って過ごそう!」そんな決意をしたのに意思の継続は持って5~6時間ほど。

夕方くらいに気がついたら部下や子供を怒ってる!!ハッ…!やってしまった。。私ってなんてダメなんだろう。。と自己嫌悪に陥る。なんてことはありませんか?

こういった事を少しでも少なくしていく為に、「有意識」の感覚を身につけるのです。
尚且つ「有意識」を「無意識」のレベルで行えるまで日頃から訓練を積み重ねるということです。

ここでまず「有意識」で取り組むことを5つ決めたいのですが、どんな事を「有意識」で行っていけば良いかについて触れていきます。

目線と表情と姿勢を有意識で

目線は前を見て、姿勢を正しく、にこやかな表情で歩きましょう。
よく道端で地面を見ながら、猫背で口角も下がっていて表情の暗い人を見かけます。

こんな状態になっているだけで、ネガティブオーラを放っていますし、とてもツキを引き寄せるようには見えません。

そこでこんなルールを有意識で実践するのです。

【ルール】

歩く時は背筋を伸ばして、目線は前を見て、口角を上げて堂々と歩くようにする


これをちゃんと続けるだけで、まず周りの印象がガラッと変わります。一番大きな変化は「自信」があるように見せかけることができます。

見せかけですが、その自信にあふれた姿勢がツキを呼び寄せるのです。
毎日このルールに沿って実践しましょう。

なかなか慣れなくても、何度も何度も意識するころで習慣になっていくはずです。

ポジティブな言葉を有意識でえらぶ

「言葉は身を飾る」という言葉の通り、私たちの発せられた言葉は、私たち自身の人格を作り上げていきます。
ポジティブな言葉を「有意識」で選んで使いましょう。

・助けてもらったらすみませんではなく→ありがとうと言う

・困ったことがあったら→やりがいがあるなぁと言う

・何かに成功したら→●●さんのお陰です!と言う

・得をしたら→今日もついてるなぁ。と言う

・提案を受けたら→それいいね!と言う

・朝の挨拶をしたら→良い表情してるね!と言う

・褒めるほどでもないことでも→素晴らしいね!と言う

・手伝ってくれたら→いつもありがとうと言う

ポジティブで尚且つ相手を肯定して元気にできる言葉を「有意識」で選んで、使いこなせるクセをつけていけば、あなたは誰よりもポジティブな人間になれます。

体を使って感情コントロールを有意識で

外出がなく一つの場所で働きつづける人におすすめな感情コントロール術です。
ズバリ「階段ダッシュ」です…
冗談でしょ?と思われるかもしれませんが…行き詰まったり、悩んだり、何か一歩踏み出しづらい時は、エレベーターは使わず階段を昇り降りしてみましょう。ダッシュは出来れば…です。普通のスピードでも構いません。

体を動かすことで副交感神経が高まります。そして自律神経のバランスをとることができます。少しでも呼吸を乱すことで、脳や心をリセットすることができ、気持ちが落ち着くのと楽な気持ちになることができるのでオススメです。

オフィスワークの方には特にオススメで、同じ場所で同じ姿勢で仕事をしていることが多いと思いますが、行き詰まったり、モヤモヤしてきた時に是非実践してもらいたいと思います。

これはツキというよりも、悪いものを遠ざける効果があります。実践してみましょう。

人が避けることを有意識で実践する

人がやりたがらないことをあえて行動して実践するということです。
人がやりたがらないこととは、大概が後回しにしたい今すぐ必要ではない重要度の低いものです。なので比較的難しいものではないことが多いのですが
それでも人はやりたがらないものです。

仕事でいえば、職場の整理整頓・ゴミ捨て・飲み会の幹事・社内イベント企画など
家庭でいえば、トイレ掃除・ゴミ捨て・食器洗い・子供に勉強を教えるなど

ただ良いように使われている雑用係じゃないかとの意見もあるかもしれませんが

日の目を浴びないことに全力で取り組むことに大きな意味があります。
誰も見ていないけど、誰にも誉められないような、日の目を浴びないことこそ、やるべき意味があるのです。

誰も見てないと言いましたが、こういうことは必ず誰かがあなたを見ています。そして、スピリチュアルな感じになってしまいますが、すなわち見えない何かがあなたを見ています。

そして、その見えない何かがあなたを守ってくれるのです。だから率先して人がやりたがらない、気づかないことをあなた自身が実践してください。

プレゼントを有意識でおくる

何か形のあるものをプレゼントとして渡す。これは凄く重要なことです。
誕生日とか記念日とかそういう思い入れの強い日ではなく、ありたきりな日常の中にサプライズとして相手にしっかりプレゼントをするのです。

✅ちょっとした手伝いをしてくれた

✅アドバイスをしてくれた

✅考えるきっかけを与えてくれた

見返りを求めていない、些細な出来事の中で相手に対してサプライズとしてプレゼントをするのです。
高級なものじゃなくていいんです。差し入れ的なお菓子とかそんなものでもいいんです。思ってもいないタイミングでサプライズとしてお返しをしてあげてください。

この積み重ねによって、あなたのファンは増え続けて、その先にツキ(運)を運んでくれる繋がりが増えていくのです。

最後に

ポジティブになれる良い習慣【有意識でツキを呼びよせれば誰もが幸せになれる】いかがでしたでしょうか?

意識をしなければ、人は思った通りに行動はできないのです。決めたこと・やろうとしたことだって、意識がなければいつのまにか忘れさられてしまいます。

この「有意識」という感覚を大切に、決めたことを意識をして貫き通す。その中でモチベーションが保たれ、よりポジティブになることができ、その結果で「ツキ(運)」を引き寄せることができるのです。

誰よりも幸せになるために、ツキを引き寄せていきましょう。

  • この記事を書いた人

ノジソウタ

18歳から7年をパンクロックに注ぎ込み花がひらかず挫折。普通の人生を選び、サラリーマンの道へ、現在は人材系企業の中間管理職・3児の父としても奮闘中。40歳までに人生における資産を作りたく、令和になってからブロガーデビュー。既に後発ですが…ブログと動画制作で高みを目指します全て自己責任の人生を生きるべく修行中です。

-ポジティブ, 哲学, 有意識, 習慣
-

Copyright© BLOGLORY コビナイジンセイ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.