働き方 労働関連

【ハケンの品格2】第4話ネタバレあり!派遣会社の営業マンがリアルに語る

2020年7月8日

【ハケンの品格2】第4話ネタバレあり!派遣会社の営業マンがリアルに語る

 

「ハケンの品格2」の第4話について、派遣会社の現役営業マンが勝手な感想やツッコミを入れていきます!

 

早速、行ってみましょう!!

 

第4話あらすじ

 

自宅のゴミを会社でこっそり捨てようとする井手(杉野遥亮)の世間知らずぶりに、困惑する一同。

 

大前春子(篠原涼子)は注意するが、宇野部長(塚地武雅)から「新入社員の教育は社員の役目」だと釘を刺される。

 

実は井手は、S&F社との最重要取引先、「テイスト・オブ・ライフ」創業者、女社長の美香(キムラ緑子)の三男で、コネ入社の上、特に贔屓にされていたのだ。

 

そんな中、井手と三田(中村海人)は初めての営業で、配ってはいけない回収品のサンプルを持って回ってしまう。その失態を知った井手は姿を消してしまいー。

 

運悪くその時、井手の母、美香が息子の働く様子を見学に来る。出迎える里中(小泉孝太郎)と東海林(大泉洋)は、井手が見つかるまでの時間伸ばしに必死に。

 

ついに春子が、井手を見つけるが、そこはなんと冷蔵倉庫。井手は責任を感じて回収品の整理をしていたのだ。

 

ところが、突然停電が起き、極寒の中、2人揃って冷蔵倉庫に閉じ込められてしまう!この大ピンチに春子はー。

 

「ハケンの品格2」を派遣会社の営業マンがリアルに語る
「ハケンの品格2」を派遣会社の営業マンがリアルに語る

続きを見る

営業事業部・部長の宇野がヒドイ

 

営業事業部の部長である宇野(ドランクドラゴン塚地)の振る舞いがとにかくヒドイ。

 

新入社員を飲みにつれていく為に、新入社員がやるべき仕事を「そんなのハケンにやらせとけ!」と言い放つブラックな部長っぷり。

 

この暴言がのちにヤバイことになるんですがね…。

 

新入社員を二日連日、飲みに連れ回して、ひたすらに武勇伝を語るという「嫌われる上司」をひたすらに突っ走る部長の宇野。こういうダメな上司よく見かけますw

 

「俺が営業やってた頃はゴルフに接待になんでもアリだったんだ」と、とにかく「自分スゴイ話」を連発し、酔っぱらった挙句に、また同じ話をするという新入社員にとっては拷問のような時間。

 

これを見ていて自分が新人の営業マンだった時代を思い出しまして、なんだか胃がキリキリと痛くなりましたね。

 

それにしても典型的なブラック上司だなーと面白おかしく見ておりました。

【実話】ブラックな派遣先のコロナ対応【派遣バッシングはマスコミの常套手段】
【実話】ブラックな派遣先のコロナ対応【派遣バッシングはマスコミの常套手段】

続きを見る

 

同一労働同一賃金、そんなものは幻想です

【悲報】同一労働同一賃金制度では給与は増えない件

 

山本舞香が演じる千葉小夏の給与明細がもろもろ控除されて9万円代という悲劇。

 

1ヶ月分まるまる働いてこれだと日給1万円も稼げてないんじゃないでしょうか…。派遣会社担当としては稼働日数と時給が気になります。

 

「S&F」は大手商社ですし、都内にある大企業と想定すると「1,600円」くらいの時給は最低でももらっていると思います。

 

8時間労働なら日給12,800円。20日稼働で月収256,000円くらいはもらえるはずです。

 

社会保険料とかもろもろ控除されても20万円は手元に残るはずなのですが。不思議な設定ですね。

 

そして、本編では「同一労働同一賃金」についての話が出ます。

 

同一労働同一賃金の詳しい記事はこちらを参考にしてください。

派遣社員の同一労働同一賃金!2020年4月【正規と非正規の格差はなくなるか】

続きを見る

 

「同一労働同一賃金では賃金がほとんど変わらなかった」と嘆く千葉小夏。ハケンライフの上地雄輔が演じる近耕作に「なぜこれだけしかもらえないのか」つめ寄る。

 

ようやく派遣会社との面談的なシーンが出てきましたね。個人的に嬉しいです。

 

しかし「同一労働同一賃金」の内容の説明を受けても内容がチンプンカンプンで絶望してしまう。

 

そして、大前春子は「同一労働同一賃金、そんなものは幻想です。」と言い放つ。

 

この大前春子の言葉の真意は、私のブログでも語っておりますので参考にされてください。

【悲報】同一労働同一賃金制度では給与は増えない件
【悲報】同一労働同一賃金制度では給与は増えない件

続きを見る

 

なんでもハケンのせいにする

 

ここで新入社員が営業していたサンプル商品が食品表示法に違反しているという事件が起きます。本来は配ってはいけないサンプル商品だったということです。

 

この事件の発端は宇野が「ハケンにやらせとけ!」言った仕事の件ですね。

 

本来は新入社員がやるはずだった、倉庫整理を派遣社員にやらせたことにより起きたミスであります。

 

それについて「すべて派遣社員の責任だ!」と騒ぎ始める宇野。(これ最強にムカつきますよね)

 

派遣に「重要な仕事」を任せて、ミスをしたらすべて派遣社員のせい…。正社員は派遣社員をしっかりと管理する立場なのにすべて都合よくハケンに責任を擦りつけています。

 

そして「ハケンライフさんにすべて報告するからな」と言い捨てる宇野。いわゆる派遣会社へのクレームですね。

 

僕から言わせれば、派遣先の指揮命令下で起きた事故であり、派遣社員が故意にやった訳ではないし、そもそも派遣先の商品の管理体制に問題がある事案だと思います。

 

しかも、丸投げで確認やチェックすらない。このような管理下のもとで仕事させている派遣先の方に問題がありますよね。

 

大前春子のようになりたい

 

新入社員の井出が、めちゃくちゃヘボいのですが、ついに「会社を辞めたい」と口にするようになり「自分は自由でいたい」と主張します。

 

飲み会に連れ回して武勇伝ばかり聞かせた宇野のせいとしか思えませんね。

 

そして、冷凍倉庫内に大前春子と一緒に閉じ込められて、大前春子から様々な指示を受けて脱出をしようと試みます。

 

そんな最中で、大前春子の生きるための強い執念に突き動かされて、井出は「スーパーハケン」になると言い出します。

 

さらには「大前春子」のようになりたい!とも言い放ちます。ヘボかった井出の表情が爽やかになっていたのが印象的でした。ヘボ男をやる気のある男に変えてしまう大前春子の強さに感動しました。

 

「派遣は休んだら食べていけません」という言葉もまた刺さりました。

 

次回は大泉洋が演じる東海林武が課長として配属され、大前春子とのバトルがまた見れるという事で、今後について目が離せませんね!

 

  • この記事を書いた人

ノジソウ@管理職リーマン

人材系の管理職リーマン。ブラックな企業で社畜となり消耗してきた経験を糧に「すべての働く人達に希望を!」という自己満なテーマで発信中。2児の父。 座右の銘は『すべてに一喜一憂しない』である。読書・ギター・動画編集・ビールが主な趣味。

Copyright© サラリーマンの羅針盤ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.