働き方

【2020年 半沢直樹2】第2話ネタバレあり【スパイラルは救えるのか?】

2020年7月26日

 

こんにちは。管理職リーマンのノジ(@nojisoufreedom)です。

 

半沢直樹2の第2話をまとめていきます!まずはあらすじからどうぞ!

東京中央銀行に大型買収案件を横取りされた半沢(堺雅人)は、部下の森山(賀来賢人)とともに銀行に逆襲を誓うが、依頼主である電脳雑伎集団・副社長の美幸(南野陽子)たちからは全く相手にされず追い返されてしまう。

 

そこで、電脳の買収相手であるスパイラル社長の瀬名(尾上松也)に再度アプローチを試みるが…「銀行の子会社なんか信用できない」と拒絶され、八方塞がりに。

 

一方、半沢たちを裏切り銀行に戻った三木(角田晃広)だったが、希望していた営業ではなく、伊佐山(市川猿之助や諸田(池田成志)から雑用ばかり言いつけられる不遇な毎日を過ごしていた。

 

瀬名は太洋証券の広重(山崎銀之丞)のアドバイスにより、新株発行でこの難局を乗り越えようとしていた。

 

その新株の買取先・ホワイトナイト役に名乗りを上げたのは、なんと瀬名の憧れとも言うべきIT業界のカリスマ・フォックス社長の郷田(戸次重幸)であった。

 

しかし、そこには巨大銀行の新たな罠がしかけられていて…。

引用元:TBSホームページより

 

半沢直樹!2020年第1話ネタバレあり【普通のサラリーマンがドラマを語る】
半沢直樹!2020年第1話ネタバレあり【普通のサラリーマンがドラマを語る】

続きを見る

半沢直樹の第2話始まる、買収はどうなる。

 

スパイラルが発行する新株の買取先のホワイトナイト役に名乗りを上げたのは、IT業界のカリスマ・フォックス社長の郷田(戸次重幸)でした。

 

郷田はなんだか怪しいビジネス本を出していますね。「僕の人生の勝算」。なんか聞いたことあるタイトルじゃないですか(笑)

 

 

そういえばこれ、前田裕二さんの書籍ですね。「人生の勝算」この本めちゃめちゃ良い本ですよね。

 

しかし、めちゃくちゃパクってますね(笑)

あ、本の話はさておき。

すっかり良い人モードのフォックス社長の郷田(戸次重幸)ですが、1000億を出してくれるという事で、なんか話が出来過ぎだなーと感じていますが。

 

マメ知識ですが、戸次重幸さんといえば、「ミスター残念」の異名を持っていますが、ドラマで出てくると「残念役」が定番らしいです。

 

そういえば、裏切り者役で出てくる事があったかも。

 

https://twitter.com/marlboroman1217/status/1287360810524610560

三木(東京03角田)が良い味を出している

三木(東京03角田)が良い味を出している
https://twitter.com/CayenneA0yama/status/1287363812748742656

 

三木(東京03角田)がめちゃめちゃ良い味出してますね。このシーンなんかもうお笑いのコントですよね。

 

個人的には半沢直樹が以前の部下である三木のことを気にかけていたのが印象的でした。

 

子会社の東京セントラル証券を裏切った三木に対してこんな言葉をかける。(伊佐山に言い放つ)

 

「客の懐に飛び込む対人スキルはなかなかの者です。ちゃんと使ってやってくれませんか?」

 

 

自分が元上司からこんな声かけされたら、出戻りしちゃいます。

 

半沢直樹はちゃんと部下のことを良く見ているんですね。尊敬すべき上司ですね。僕も見習いたいです。

 

この半沢直樹のあたたかい言葉に三木(角田晃広)は、この後、半沢直樹の窮地を救う活躍を見せます。

 

半沢直樹と大和田とのコント

大和田とのコント

半沢直樹と戯れる大和田さん。顔芸と憎たらしさがパワーアップしています。

半沢直樹に「助けてほしいか?」と憎たらしい場面。半沢はもちろん大和田に助けを求めることはせず断る。

「お・し・ま・い・です!」が最高でした。

大洋証券の広重さんが最高です。

 

電脳雑技集団によるスパイラルの買収について、実は太洋証券の広重(山崎銀之丞)はスパイラル社長の瀬名(尾上松也)を騙していた。

 

広重(山崎銀之丞)は最後の最後まで「私を信じて!」と言っていたが、電脳雑技集団の経営陣と繋がっている事がバレてしまい、半沢直樹に追い詰められる。

 

広重(山崎銀之丞)がめちゃくちゃ良い味出してます。「フリーザ広重」のつぶやきに吹き出してしまいました。

 

https://twitter.com/kouhei50kai/status/1287371943356719105

半沢直樹と東京中央銀行とのバトルが始まる

半沢直樹と東京中央銀行とのバトルが始まる

 

スパイラルの買収に失敗した伊佐山(市川猿之介)は、親会社の案件をつぶすなんてどういことだ!!と半沢直樹を呼び出す。

 

「詫びろ」を連発する伊佐山。この時点で笑いが止まらない。もうコントでしょ。これ。「詫びろ」を何回言ったか数えている人いますか?

 

もう伊佐山のキャラクターが病みつきになってきました。

 

今後は、伊佐山だけでなく副頭取(古田新)とのバトルも激しくなりそうですね。

 

そして、大和田と頭取に呼び出しをくらい、そこで更なる宣戦布告をする半沢直樹。

 

もう彼はサラリーマンではないですよ。子会社の社員が親会社の代表に噛み付いていきます。ものすごい剣幕で、鳥肌モノでした。

 

 

半沢は頭取に「叩きのめしますので、ご覚悟を!」と言い放つ。これは前シリーズの東京セントラル証券に出向を命じられた時の憎しみも込めた上での宣戦布告に感じました。

 

半沢直樹2の第3話が待ち遠しい

東京中央銀行への宣戦布告で第2話は終わりましたが、大和田さんが何だか楽しそうです。

https://twitter.com/Yukidaruma_4488/status/1287374226333118464

 

いいぞ半沢!もっとやれ!!」的な顔をしていますね。大和田はもしかしたら、半沢にもっと暴れてもらって、ライバルである頭取や、副頭取を倒してほしいのかも。いずれにしても要注意人物であることは変わりないですね。

 

そして、次回はついに宿敵が登場!!金融庁の黒崎!!!!それにしても歌舞伎俳優が多すぎ!!(笑)

 

 

第3話も目が離せませんね!来週も速報でお届けしていきます!!

 

最後までお読み頂きありがとうざいます!!

 

  • この記事を書いた人

ノジソウ@管理職リーマン

人材系の管理職リーマン。ブラックな企業で社畜となり消耗してきた経験を糧に「すべての働く人達に希望を!」という自己満なテーマで発信中。2児の父。 座右の銘は『すべてに一喜一憂しない』である。読書・ギター・動画編集・ビールが主な趣味。

Copyright© サラリーマンの羅針盤ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.