働き方

【2020年 半沢直樹2】第4話ネタバレあり【半沢直樹の出向は決まってしまうのか?!】

【2020年 半沢直樹2】第4話ネタバレあり【半沢直樹の出向は決まってしまうのか?!】

こんにちは。管理職リーマンのノジ(@nojisoufreedom)です。

半沢直樹2の「第4話」をまとめていきます!まずはあらすじからどうぞ!

半沢(堺雅人)たちの作戦によって、フォックスの逆買収に成功したスパイラル。

だが、このままでは面子がつぶれてしまう東京中央銀行は、三笠副頭取(古田新太)の後押しによって、スパイラル株を買収するために電脳への500億円もの追加融資を強引に進めようとしていた。

卑怯にも、強大な資金力にモノを言わせ強引に決着をつけようとする銀行に、もはや絶体絶命の半沢。そんな中、半沢は電脳の収益に不透明な部分があることに気づく。

財務担当の玉置(今井朋彦)に接触を図るが、彼は口封じのために電脳を追われてしまう。玉置はいったいどこに消えたのか?

予断を許さない状況が続く中、渡真利(及川光博)から、まもなく半沢の出向先が正式決定する、という知らせが入る。

動揺する森山(賀来賢人)に「人事が怖くてサラリーマンが務まるか」と力強く語る半沢だが、このままでは万事休すとなることは確実だ。これ以上、打つ手はあるのか——。

ついに覚悟を決めた半沢は最後の望みをかけてある人物に会いに行く——。

銀行、電脳、半沢、最後に勝つのは一体誰か!?
すべての真相がまもなく明かされようとしていた。

引用元:TBSホームページより

半沢直樹!2020年第1話ネタバレあり【普通のサラリーマンがドラマを語る】
半沢直樹!2020年第1話ネタバレあり【普通のサラリーマンがドラマを語る】

続きを見る

【2020年 半沢直樹2】第2話ネタバレあり【スパイラルは救えるのか?】
【2020年 半沢直樹2】第2話ネタバレあり【スパイラルは救えるのか?】

続きを見る

大和田と伊佐山のタッグは本当なのか?

実は伊佐山は三笠副頭取ではなく、大和田と手を組んでいたらしいです。

悪代官と越後屋的な宴の場です。「お主も悪よのう」というセリフが合うシーンですね。それにしても顔が悪すぎる。

これをきっかけに、大和田は返り咲く計画のようですね。頭取が成しえなかった「帝国航空の再建」の案件を担当するのが大和田になるとの会話。

 

【出世はオワコン】役職や肩書きに魅力がなくなった時代にどう働くか
【出世はオワコン】役職や肩書きに魅力がなくなった時代にどう働くか

続きを見る

 

実は伊佐山は大和田を利用していた(土下座野郎)

しかしながら、実は伊佐山は三笠副頭取と手を組んでおり、大和田は利用されていた。

頭取から渡された「帝国航空の再建案」の担当者に大和田の名前がなく、大きなショックを受ける。

頭に血が昇った大和田は、伊佐山を呼び出すが、伊佐山は開き直った態度で大和田に迫る。

大和田が頭取に最も近い存在だと思っていたのに、半沢直樹によって不正をあばかれたこと、そして半沢直樹に「土下座したこと」がとにかく許せないらしい。

まさに土下座への怨念。

土下座、土下座と連呼しながら「土下座野郎」と吐き捨てる。最高にサイコパスです、伊佐山さん。

【2020年 半沢直樹2】第3話ネタバレあり【半沢直樹ピンチ!このまま負けてしまうのか】
【2020年 半沢直樹2】第3話ネタバレあり【半沢直樹ピンチ!このまま負けてしまうのか】

続きを見る

ミッチーは家政婦ばりに情報屋

毎回、半沢直樹のピンチには必ずといっていいほど、ミッチー演じる「渡真利」の情報が生命線になっていますね。

家政婦ばりの情報屋さんですね。確かにミッチーを潰せば、半沢直樹は即死ですね。

今回も大和田と伊佐山の内緒話を仕入れるという、一歩間違えたらヤバめなスパイ的な役割をになっています。

他の仕事はちゃんとやってるんですかねw

半沢直樹の名言が染みる

すべての会社組織、いや日本社会に対してのメッセージでしょうか、半沢直樹の言葉がめちゃくちゃ刺さります。

一つ、正しいことを正しいと言えること
一つ、組織の常識と世間の常識が一致していること
一つ、ひたむきに誠実に働いたものがきちんと評価されること

ものすごく当たり前のことですが、分かっていない組織が多い。(聞いてますか?経営者の皆様!)

それは、私利私欲に溺れた輩が「自分の為に仕事をしているから」だ。

大和田、伊佐山、三笠副頭取のような権力争いを繰り広げて、自分の利益の為に他者を蹴落とすような連中に向けてのメッセージです。

半沢直樹と大和田元常務の駆け引き

半沢直樹と大和田元常務の駆け引き

伊佐山と三笠副頭取コンビに追い込まれる半沢直樹。このままだと、新たな出向命令が出てしまい、電脳によるスパイラルの買収が完了してしまう。

そこで、気は乗らないものの「あの人物」のもとを訪れることに。

もうお気づきの方も多いですが、そうです「大和田さん」です。

このシーンがめちゃくちゃ面白い。もう子供の喧嘩そのものです。

半沢直樹は「大和田」に手を貸してほしいと懇願するが

「お前なんかと誰が手を組むか!」「死んでも嫌だねぇ!」「帰りなさい!負け犬、半沢直樹くん!」

とあっさりと言われてしまう。

「ウルセェ!エンジン切れ!」と立ち去る車の前に立ちはだかる半沢。もうヤンキーみたい。

大和田も「どけぇ!半沢ぁ!!」と学生のような争いを繰り広げる。もうこれ絶対にまとまらなそうだなぁと思いましたが、この後、衝撃の展開が待ち受けていた。

役員会での最終決戦

伊佐山のプレゼンのもと、電脳への融資の話が決議されるが、大和田をのぞいて満場一致で融資案が可決されそうな中、大和田が意義ありと手をあげる。

そして、大和田は「半沢直樹」を役員会に召喚する。(幻獣みたいだな)

ジョジョトークでわからない人がいたらすみません。どっちがスタンドなのでしょうか。やっぱり半沢直樹ですかねw

交渉決裂に見えた、半沢と大和田でしたが、あの喧嘩の後にこんなくだりがあったようです。

もはや、主導権は半沢直樹が握っているといっても過言ではないですね。大和田さんが明らかに押されている。ここで、役員会議に「私に発言させてください」と言い放つ。

そして、役員会に召喚された半沢は、あの電脳に実は大きな負債があることを話し始める。

電脳に大きな負債があることが、元電脳の財務担当の玉置(今井朋彦)の証言とデータによって、暴露され公の事実になる。

追い込まれる伊佐山。そして、グルだった三笠副頭取は伊佐山を見捨てて、「伊佐山くん!全て君の責任だ!」と言い放ち、「半沢くんに謝罪しなさい!」と言う。

なんだか全てにおいて謝罪させたがるドラマですねw

なんとか謝ることができました。伊佐山さん。本当にギリギリですね。

三笠副頭取も追い込まれる

三笠副頭取も追い込まれる

そして、今回の真の黒幕である三笠副頭取も追い込まれます。

実は電脳の巨額の負債を知りながらも、融資を取りまとめたというヤンチャなことをした張本人です。

なんでこんな事をしたかと言うと、やっぱり電脳から「ワイロ」を受け取っていたようです。それにしてもかなりの大きなお金なので、ワイロもらってまでやる融資かなと思いますが、まぁドラマなのでスルーしときます。

これにて一件落着となりました。

本店に戻ってきた半沢直樹!!

本店に戻ってきた半沢直樹!!

東京中央銀行のピンチを救った英雄ということで、東京中央銀行の本店に戻ることになった半沢直樹。

東京セントラル証券が旅立つ半沢。親会社が子会社に勝つ、働いている場所は関係なく、真剣に仕事や顧客に向き合う心意気があれば、やれない事はないと勇気をもらえるシーンですね。

半沢直樹にとって、大和田さんはやっぱり敵なのか

三笠副頭取と伊佐山を倒す為に、一度は手を組んだ半沢と大和田でしたが、なんか流れが変わってきました。

「帝国航空の再建案」を半沢に託したのは大和田の根回しによるもの。もともとやりたかった仕事をなぜ半沢に託したのでしょうか。

そして、国土交通大臣が新たな大臣に変わり、政治の力で「帝国航空」に融資している7割の金額をカットしろという無茶振りが飛んできます。

それも大和田は知っていたかのような素振りでした。なんだか謎は深まるばかりですね。

さて、第4話のネタバレ速報は以上となります。

第5話も波乱の展開になりそうですね。個人的には話題のアンジャッシュ大島さんが出るのが楽しみです。

あ、小島さんでした!!

 

また次回の速報でお届けしてまいります!最後までお読みいただきありがとうございます!

 

  • この記事を書いた人

ノジソウ@管理職リーマン

人材系の管理職リーマン。ブラックな企業で社畜となり消耗してきた経験を糧に「すべての働く人達に希望を!」という自己満なテーマで発信中。2児の父。 座右の銘は『すべてに一喜一憂しない』である。読書・ギター・動画編集・ビールが主な趣味。

Copyright© サラリーマンの羅針盤ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.