働き方

半沢直樹!2020年第1話ネタバレあり【普通のサラリーマンがドラマを語る】

半沢直樹!2020年第1話ネタバレあり【普通のサラリーマンがドラマを語る】

東京中央銀行のバンカーとして活躍していた半沢直樹(堺雅人)。しかし、大和田常務(香川照之)の不正を暴き糾弾したことが原因となり、中野渡頭取(北大路欣也)から、子会社である東京セントラル証券へとまさかの出向を命じられてしまう。


こうして出向先の東京セントラル証券・営業企画部長となった半沢。扱う金融商品企画はどれも銀行時代とは比べものにならないほど小さなものだった…それに加えて、親会社の銀行からは不良案件を押し付けられる始末。

さらに、銀行からの出向組に対するプロパー社員たちの不公平感は根強いものがあり、反骨心と確執が渦巻いていた。


一方、大和田は、敵対していたはずの中野渡頭取派に華麗に転身、保身のために組織を利用し新たな地位を築いていた。さらに、大和田の忠実な部下である証券営業部長・伊佐山泰二(市川猿之助)もまた、“半沢潰し”を目論んでいた。

そんなある日、東京セントラル証券に大型買収案件が舞い込む。プロパー社員・森山雅弘(賀来賢人)が担当する大手IT企業「電脳雑伎集団」が、瀬名洋介(尾上松也)率いるIT業界の雄「東京スパイラル」を買収したいと申し出て来たのだ。

買収における株式取得にかかる費用はおよそ1500億円以上。東京セントラル証券にとって、かつてない規模の案件だった。


「銀行を見返せ!」と大規模買収に沸き立つセントラル証券だったが、突如電脳雑伎集団からアドバイザー契約を一方的に断ち切られてしまう—。

そして、これが新たな銀行との戦いの始まりになるとは、この時の半沢は知る由もなかった——。


飛ばされた半沢は銀行に下剋上なるか!? 不屈のバンカー半沢の新たな戦いが今、始まる!

引用元:TBSホームページより

最新2020】ハケンの品格2【第5話ネタバレあり】派遣会社の営業マンがリアルに語る!
【最新2020】ハケンの品格2【第5話ネタバレあり】派遣会社の営業マンがリアルに語る!

続きを見る

東京中央銀行の横やりがはいる

親会社が子会社の案件を計画的に取り上げるという異例なケースからスタート!

東京セントラル証券が担当していた大手IT企業「電脳雑伎集団」による、「東京スパイラル」の買収案件について、東京中央銀行が横取りしてしまうという悲劇。

どうやら「東京セントラル証券」内にスパイがいるのでは?との憶測が広がる。

スパイは三木(東京03の角田晃広)と諸田(池田成志)だった。

黒幕である伊佐山(市川猿之助)の差し金で親会社の銀行に戻すという約束で、情報を横流しさせていた。

とりあえず、森山(賀来賢人)がイケメンすぎます。それにしても役の振り幅が大きすぎる。すごい才能。

https://twitter.com/hajime_the_dap/status/1284826327770488833

大和田(香川照之)はどうなった?

第1話から出てきました!憧れの大和田さん!副頭取である三笠(古田新太)との対決の予感をひしひし感じますね。

伊佐山(市川猿之助)は部下でしたが、突然に裏切られてしまうという事で、早速、大和田さんの悲しそうな顔が見れました。

今後の展開を見ていくと、まだ正確な事は分かりませんが、大和田はいずれ半沢の味方になりそうな気がします。

半沢と大和田のタッグ、めちゃくちゃ楽しみですね!

そして、この名言が最高でした。

「施されたら施し返す、恩返しです」

すみません。ひねりがなさすぎて思わず笑っちゃいました。今後の大和田さんの名言に期待です。

【営業職のオワコン化】AI時代を生き抜く営業スタンダード2020

続きを見る

伊佐山(市川猿之助)が最強にむかつく

伊佐山(市川猿之助)が圧倒的な存在感でムカついてきます。これはひと昔前の大和田常務を超えるムカつき具合です。視聴者の期待を裏切りませんね。

半沢シリーズお得意の、顔芸だけに留まらず、しぐさ、言葉の一つ一つ、全てがかなりムカつきます。

さすが、市川猿之助さん。最高の演技力です。第1話からクレイジーなムカつき具合でした。これまで上司であった大和田を裏切って、副頭取の三笠(古田新太)にいとも簡単に乗り換えました。さすがです。

今後の伊佐山のムカつき具合と、どんな風に半沢直樹に料理をされていくのか、今から非常に楽しみです。

この顔が最強に怒りをそそりますw

最新2020】ハケンの品格2【第5話ネタバレあり】派遣会社の営業マンがリアルに語る!
【最新2020】ハケンの品格2【第5話ネタバレあり】派遣会社の営業マンがリアルに語る!

続きを見る

今回も半沢直樹のセリフが刺さる

 

今回も半沢直樹の名言がガンガン刺さってきます。

 

  • 不平不満を愚痴にしてそれだけか
  • 人や会社の成長を願い、そこに勝ちも負けもない
  • 俺たちは顧客の人生そのものを預かっているんだ

ちょっとメモしきれず、ここまでしか書けませんが、めちゃくちゃ胸が熱くなる言葉をいただきました。

 

サラリーマンとして生きる僕にとっては、半沢直樹は憧れそのものです。

 

こんな風に、会社組織の理不尽に戦える、強くて熱いメンタリティーが欲しいです。

 

また来週の第2話も楽しみですが、少しでも半沢直樹に近づけるように、僕個人もサラリーマンとして努力していきます!それではまた!

 

  • この記事を書いた人

ノジソウ@管理職リーマン

人材系の管理職リーマン。ブラックな企業で社畜となり消耗してきた経験を糧に「すべての働く人達に希望を!」という自己満なテーマで発信中。2児の父。 座右の銘は『すべてに一喜一憂しない』である。読書・ギター・動画編集・ビールが主な趣味。

Copyright© サラリーマンの羅針盤ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.