Life Log Money

bitFlyer(ビットフライヤー)ってどうなの?特徴や評判・口コミなどを詳しく解説

2022年6月3日

bitFlyer(ビットフライヤー)ってどうなの?特徴や評判・口コミなどを詳しく解説

日本国内のメジャーな仮想通貨取引所といえば「bitFlyer(ビットフライヤー)」ではないでしょうか。

2014年1月に創業されたビットフライヤーは、2022年3月時点の「暗号資産の預かり資産総額」は5803億円、本人確認済みの会員数は170万人と、他の国内大手取引所と比較しても、とても人気が高いことが分かります。

そして、ビットフライヤーはビットコインの取引量が「6年連続 No.1」です。※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

本記事では、bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴・評判・口コミ・手数料・口座開設方法について詳しく解説します。

bitFlyer(ビットフライヤー)を利用してみようか、迷っている人にはピッタリの内容なので、ぜひ最後までご覧くださいね。

bitFlyerで口座開設する

bitFlyer(ビットフライヤー)の基本情報

bitFlyer(ビットフライヤー)の基本情報
運営会社株式会社bitFlyer
会社所在地〒107-6233 東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー
設立2014 年 1 月 9 日
代表取締役関 正明
資本金41 億 238 万円(資本準備金含)
登録情報暗号資産交換業 関東財務局長 第 00003 号
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第 3294 号

ビットフライヤーの主な特徴はこちら

  • 1円から購入できる
  • ビットコイン取引量が業界No.1
    ※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
  • 専用クレジットカードが便利
  • セキュリティが高い
  • Tポイントをビットコインに交換できる
  • レバレッジ取引が可能

bitFlyer(ビットフライヤー)の評判と口コミ

ビットフライヤーへの入金は「住信SBIネット銀行」のインターネットバンキングが断然おススメ!
入金が即反映されるからめちゃくちゃ助かる。ビットコインは一瞬で価格が上下するから今買いたい!
て時にマジでいい。ホントおススメ

初めて仮想通貨取引所に登録するなら、ビットフライヤーがオススメじゃ。
アプリも使いやすいし、大手の安心感がある。ワシもここからはじめたぞ。

ビットフライヤー使いやすいから使ってたけど手数料高いからGMOに乗り換える。
しかしチャートの見やすさはビットフライヤーだな

自分はビットフライヤー使っています。他のも登録してみましたが、1番ビットフライヤーが使いやすい。
ただ、仮想通貨初心者向けな雰囲気はあります。

コインチェック・ビットフライヤー・GMOこの3つ使ってビットコイン買ってるけど、今のところビットフライヤーがアプリは使いやすい気がするなー

やっぱりビットフライヤーが一番使いやすい

今月もクレカ利用分のビットコインがbitFlyer口座へ振り込まれました!
還元率は1%で、評価額は約1,100円果たしてこれが将来いくらに化けるか、はたまたゴミになるか

ありがたい事に、ビットフライヤークレカで毎月ポイント感覚で増えてます!
額が積み重なって、5〜10年後にはスゴい事になってるんでしょうね!やってみたいって方はオススメです

わが家が1番に仮想通貨で1番に始めたこと。それが「ビットフライヤークレカ」。
ポイントが「ビットコイン」としてそのまま使えます。
食費・車検など日常生活の支払いは全て「微ットフライヤークレカ」に全集中!



【最短10分で完了】bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設6つのステップ

【最短10分で完了】bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設6つのステップ

ビットフライヤーの口座開設はとても簡単。6つのステップは以下の通りです。

  1. メールアドレスの登録
  2. 二段階認証の設定
  3. 個人情報の登録
  4. 本人確認書類を提出
  5. 銀行口座を登録
  6. 口座開設通知を受け取る



手続きは至って簡単です。まずは公式からメールアドレスを登録してみましょう。

>>bitFlyer公式サイトはこちら

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料は高いのか?

「日本円の入出金手数料」は以下の通りです。

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料は高いのか?



その他の手数料については、細かく規定があるので「公式ページのこちら」から確認してみてください。

「売買手数料」「送付手数料」「取引所手数料」などは有料のものが多く、コインの種類によって細かく規定されています。

ビットフライヤーは、他の国内取引所よりも、手数料をとられるケースが多いようです。

bitFlyerで口座開設する

bitFlyer(ビットフライヤー)を使う6つのメリット

ビットフライヤーを使うメリットは以下の通りです。

  • 仮想通貨が1円から購入できる
  • 1円からつみたて投資ができる
  • 取り扱い銘柄が他社よりも多い
  • クレジットカード決済でビットコインが貯まる
  • Tポイントをビットコインに交換できる
  • セキュリティが安全、これまでハッキング歴なし

仮想通貨が1円から購入できる

仮想通貨が1円から購入できる

ビットフライヤーなら1円から仮想通貨を購入することができます。

1円だけしか買わない人はいないと思いますが、少額から購入できるなら、初心者の方でも気軽に投資にチャレンジできますよね。

ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ビットコインキャッシュなど、合計15 種類の仮想通貨を 1 円から売買できます。

1円からつみたて投資ができる

1円からつみたて投資ができる

ビットフライヤーは、つみたて投資ができます。つみたて頻度は毎日1回、毎週1回、毎月2回、毎月1回から選択することができます。

1 回あたりのつみたて金額を1円単位で設定することができ、最大100万円まで設定可能です。

「つみたて設定」した日の翌日以降、bitFlyerに入金されている日本円残高から自動的に積立されるようになります。

筆者は仮想通貨投資を始めるなら、つみたて投資をおすすめしています。その理由はこちらの記事でチェックしてみてください。

取り扱い銘柄が他社よりも多い

ビットフライヤーで取り扱っている仮想通貨は15銘柄あります。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナコイン)
  • LSK (リスク)
  • XRP(リップル)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • XLM(ステラルーメン)
  • XEM(ネム)
  • XTZ(テゾス)
  • DOT(ポルカドット)
  • LINK(チェーンリンク)
  • XYM(シンボル)



アルトコインが充実しているのも、ビットフライヤーの特徴ですね。

クレジットカード決済でビットコインが貯まる

クレジットカード決済でビットコインが貯まる

ビットフライヤーには専用のクレジットカードである「bitFlyerクレカ」があります。

クレジットカードで決済すればするほど、自動的にビットコインが貯まるという優れものです。

貯めたビットコインはbitFlyerで売却することも可能なのは嬉しいですね。

カードの種類にもよりますが。決済金額の0.5〜1.0%相当のビットコインが貯まります。

Tポイントをビットコインに交換できる

Tポイントをビットコインに交換できる

ビットフライヤーでは、貯まっている「Tポイント」をビットコインに交換することができます。

Tポイントは100 ポイントから交換することが可能です。詳しくは「公式サイトのこちら」からチェックしてみてください。

セキュリティが安全、これまでハッキング歴なし

ビットフライヤーは、最長 7 年以上もの間、ハッキング0を実現しています。

仮想通貨の取引所はハッキングされたりする事例が稀に起こりますが、ビットフライヤーはそういった事故が起きていません。

ユーザーの資産を守るセキュリティがしっかりしているので、安心してご利用いただくためのサポートが充実しています。

bitFlyerで口座開設する

bitFlyer(ビットフライヤー)を使う2つのデメリット

ビットフライヤーを使うデメリットは以下の通りです。

  • 様々な手数料がかかる
  • 取引にかかるスプレッドが大きい

様々な手数料がかかる

ビットフライヤーでは、「口座開設手数料」「口座維持手数料」などは全て無料です。

ビットフライヤーと他の国内取引所の手数料を比較してみました。

各取引所取引手数料(取引所)入金手数料出金手数料
ビットフライヤー0.01%〜0.15%銀行経由が無料
クイック入金が無料~330円
220〜770円
GMOコイン0.01%〜0.15%銀行経由が無料
クイック入金が無料
無料
DMMコイン無料銀行経由が無料
クイック入金が無料
無料
コインチェック無料銀行経由は無料
クイック入金が770円~
407円

比較してみると、ビットフライヤーの各手数料は他の取引所よりも割高なのがわかりますね。

取引にかかるスプレッドが大きい

ビットフライヤーの「スプレッド」は高いです。

スプレッドとは?
スプレッドとは、購入価格と売却価格の差のこと。

​​

購入価格から売却価格を引いたものを「スプレッド」と言います。基本的には「スプレッド」は「仮想通貨取引所の手数料」として徴収されています。

ビットフライヤーは、他の取引所と比べて、比較的スプレッドが高いことが多いです。

全ての仮想通貨がそうだという訳ではないですが、ビットフライヤーでのスプレッドが低い通貨もあります。

bitFlyer(ビットフライヤー)はこんな人におすすめ

bitFlyer(ビットフライヤー)はこんな人におすすめ

ビットフライヤーはこんな人におすすめです。

  • 小さい金額で投資を楽しみたい人
  • ビットコインをメインで取引したい人
  • 色々なアルトコインに投資をしたい人
  • 買い物しながらビットコインを貯めたい人
  • Tポイントを貯めている人
  • セキュリティ面で安心して取引をしたい方



今回は、bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴・評判・口コミ・手数料・口座開設方法について詳しく解説しました。

ビットフライヤーは、日常生活の中でうまく活用していくことで、多くのビットコインを獲得できる仕組みができているので、そこはとても便利なサービスだと思います。

そして、「1円からの少額投資」や「定期つみたて投資」にも対応しているので、手数料のことを考えなければ「コインチェック」よりも使いやすい取引所かもしれません。

興味がある人は、思い立ったら吉日です。早速、ビットフライヤーで口座開設をしてみましょう!


bitFlyerで口座開設する

  • この記事を書いた人

さとり

自称ミニマリスト。ブロガー歴4年。買ってよかったお気に入りアイテムをレビューしたり、自分の体験談などをブログに綴っています。