レビュー

レビュー|トラックボールマウス「ロジクールERGO M575」購入した理由

レビュー トラックボールマウス ロジクール ERGO M575

トラックボールマウス「ロジクール ERGO M575」を購入しましたのでレビューしていきたいと思います。

 

本記事はこんな人に読んで頂きたいです。

 

  • トラックボールマウスってぶっちゃけどうなの?
  • どのトラックボールマウスを買えばいいの?
  • トラックパッド操作に限界を感じている

 

今回は、僕が「ロジクール ERGO M575」のトラックボールマウスを購入した理由や、その使ってみた感想、製品のメリット・デメリットについてレビューしていきます。

 

ワイヤレスマウスや、トラックボールマウスの購入に迷っている方は、本記事を参考にしてください。

 

>>Amazonで口コミをチェックする

ロジクール ERGO M575を購入した理由

ロジクール ERGO M575を購入した理由

ロジクールのトラックボールマウスを購入するに至った一番の理由は、トラックパッド操作から解放されるためです。

 

動画編集やブログ制作の作業が積み重なる中で、トラックパッドの操作で指を酷使していたせいか、作業中に指が痛みを感じるようになってきました。

 

Macのトラックパッドで指を痛めた話は、こちらのブログにまとめてますので、詳しくはこちらからお読みください。

 

Macトラックパッドで指が痛い時に試したい便利アイテム3選
Macトラックパッドで指が痛い時に試したい便利アイテム3選

続きを見る

 

端的に言えば、トラックパッド操作で指が痛むようになってきたので、トラックボールマウスを購入したというのが一番の理由です。

ロジクール ERGO M575を実際に操作した感想

ロジクール ERGO M575を実際に操作した感想

まずデザインについてですが、個人的には「水色のトラックボールが」すごく気に入っています。

 

マウスの大きさが、最初は大きめに感じましたが、慣れてくれば違和感なく使用することができます。

 

ロジクール ERGO M575を実際に操作した感想

 

トラックボールの操作についてですが、かなりなめらか過ぎてポインタのスピード感に慣れず、「う…これは使いづらいかも…」と思ったのですが、「Logi Options」という専用アプリの設定でポインタを調整ができることが分かり、やや速度を落として、自分に合った設定に変えたら、すごく使いやすくなりました。

 

Logi Optionsはこちらからダウンロードできます。

 

注意点ですが、アプリをダウンロードして、アプリとトラックボールマウスを接続してから、Bluetoothに接続するようにしましょう。

 

アプリを接続する前に、Bluetooth接続してしまうと、アプリとマウスの連携できなくなります。もしそうなったら、デバイス側のトラックボールマウスのBluetoothを削除すれば接続できるようになります。

 

アプリ画面はこちら。

 

トラックボールマウスの設定方法

 

このアプリを通じて「トラックボールマウス」の各種設定ができます。

 

ちなみに僕のポインタのスピードはこの通り。人によって個人差がありますが参考にしてください。

 

トラックボールマウスの設定方法

 

一番重宝しているのは、「クリックボタン」の横にある、「戻る」「進む」のボタンです。

 

ワンクリックで、やり直したり、前のページに戻ったりできるのは、すごく便利です。

 

僕の「スクロールホイール」の設定は、押すと「ウィンドウの全画面表示」「ウィンドウの縮小」に設定しています。この機能はかなり重宝しています。

 

>>Amazonで口コミをチェックする

トラックボールマウス ロジクール ERGO M575のメリット

トラックボールマウス ロジクール ERGO M575のメリット

  • 各作業が時短できるので生産性が高まる
  • 手や肩の負担を減らして作業ができる
  • 狭いデスクでも作業がサクサクできる

各作業が時短できるので生産性が高まる

トラックボールマウスを使い始めてから、作業効率が上がりました。

 

マウスのワンクリックだけで、作業工程や閲覧しているページを戻したり、進めたりできますし、大画面表示・画面縮小もワンクリックで完結できるので、とてもストレスフリーで便利です。

 

もうトラックボールなしで、作業することは考えられません。

手や肩の負担を減らして作業ができる

マウスになると手・腕・肩が疲れそうだなぁというイメージがあったのですが、トラックボールマウスは、マウスを一切動かす必要がないんですよね。

 

普通のマウスだと、持ち上げたり、ポインタ操作で前後左右に動かすので、手・腕・肩を、意外と酷使します。

 

それに比べると、体への負担は限りなく少ないといえます。

狭いデスクでも作業がサクサクできる

トラックボールマウスは動かす必要がないので、狭いデスクでも使い勝手がいいです。

 

極論ですが、マウスは膝の上に置いても作業ができるんです。

 

新幹線の座席や、狭い喫茶店でも、手軽に活用することができますね。

トラックボールマウス ロジクール ERGO M575のデメリット

トラックボールマウス ロジクール ERGO M575のデメリット

  • 操作に慣れるまで時間がかかる
  • マウスに細かい設定をする必要がある
  • 外で使う時には荷物が増える

操作に慣れるまで時間がかかる

トラックボールマウスを使い始めた当初は、かなり違和感がありました。

 

なので、操作に慣れるまでそこそこ時間がかかります。僕は数日で慣れました。

 

トラックボールマウスを使わない人は、大体の方が「めんどくさそうだなぁ」「使いづらそうだなぁ」という理由があり、購入に至らないのかと思います。

マウスに細かい設定をする必要がある

最初の設定が面倒だなぁ、と思う人もいると思います。

 

アプリをダウンロードして設定するので、手っ取り早く使いたい人にとっては、省きたい作業なのかもしれません。

外で使う時には荷物が増える

外で使う時に、持ち運ばなくちゃいけないのは、ちょっと面倒ですよね。

 

僕はよくMacBookProを持ち運んでいるのですが、マウスをバッグに入れるとバッグが膨らむので、これがストレスです。

 

なので、外で作業する時だけは、我慢してトラックパッドで作業をしています。

トラックボールマウス ロジクール ERGO M575はこんな人におすすめ

ロジクール ERGO M575はこんな人におすすめ

最終的な結論ですが、トラックボールマウス「ロジクール ERGO M575」はこんな人におすすめな一品です。

 

  • トラックパッド操作から解放されたい人
  • 作業効率をさらに上げていきたい人
  • オシャレなガジェットが欲しい人
  • ワイヤレスマウスが欲しい人

 

個人的には、ここ最近で購入したガジェットの中でも、上位に入るアイテムだと思います。

 

まだ、トラックボールマウスを使ったことがないという人は、この機会に一度試してみてはいかがでしょうか?

 

>>Amazonで口コミをチェックする

  • この記事を書いた人

ノジソウ@管理職リーマン

サラリーマンとして管理職やりながら、ノホホンと副業ブログやってます。自分が買って良かったアイテムのレビューしたり、動画編集とか、自分の体験から生まれたネタをコラムとして魂を込めて書いてます。

Copyright© ブログローリー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.