Life Log

WEB3.0とは「インターネットの民主化」である

2022年2月12日

WEB3.0とは「インターネットの民主化」である

WEBサービスは3.0にバージョンアップしている。

巨大テック企業に支配されていた「インターネット」は、いよいよ公平に民主化されていく。

それがWEB3.0による新時代である。



モノやコトがアップデート(更新)されていくことを「Ver2.0」「Ver3.0」と言ったりしますが、我々の生活になくてはならない「インターネットサービス」が「Ver3.0に更新されていくよ」といったネット記事をよく見かけるようになりました。

今更「WEB3.0」なんて言われても、一般の人にとってみれば「そもそもWEBに1.0とか2.0とかあったの?」といった感じですよね。

WEBの進化、これまでの軌跡を簡単に図にしてまとめてみました。

WEB1.0〜WEB3.0への進化

WEB1.0〜WEB3.0への進化

どうやら2018年頃から、すでに「WEB3.0」に突入していたようです。

ブロックチェーンとか仮想通貨が注目され始めた頃から、「WEB3.0」への移行が少しずつ進んでいたということになりますね。

仮想通貨は盛り上がりを見せていたところで、NEM(ネム)のハッキングで大変なことになっていましたが…。ビットコイン価格は、一時期700万円くらいまで行きましたが、大きな変動はあれど、今でも大きな価値を担保しています。

「WEB2.0」では個人情報がお金に変えられていた

WEB2.0の問題点として、よく挙げられるのが、GAFAMといった巨大テック企業による「個人情報の独占」です。

生年月日、住所、メールアドレス、クレジットカード情報、各プラットフォームのパスワード、ネット検索した内容など、多くのユーザーの個人情報は、巨大テック企業に集約されていました。

そういった多くの個人情報は、今現在も「広告収益」のために利用されています。これは巨大テック企業が、ユーザーの個人情報を「お金に変えていた」とも言い換えることができると思います。

ネット検索履歴をもとにした、広告表示は典型的な例ですね。

「白髪染め、男性用」とネット検索しただけで、全く関連がないメディアを見ている時に、「白髪があると老けて見えますよ」みたいなコンプレックスに訴えかける広告が表示されたりします。

時には、ネット検索してないのに、自分が話していた内容に近い広告が表示されたりもするので、恐怖すら感じることも少なくないです。

とは言いつつも、そういった広告があるから、多くの情報を得ることもできるので、広告で世の中が成り立っていると言う点も否めません。

WEB3.0はインターネットを民主化していく

WEB3.0はインターネットを民主化していく

「WEB2.0」までのインターネットは、中央集権型のインターネットと言われており、その問題点は、一部の力のある企業や組織に管理権があることでした。

それが「ブロックチェーン」によって、大きな変化をもたらします。

情報の改ざんが極めて困難である「ブロックチェーン」が主体となって、多くの情報を管理していくことで、これから僕たちの生活はより便利に、より安全になっていくのかもしれません。

それでは「WEB3.0」では一体何が変わるのか?という点です。

  • ユーザーがデータ所有権を把握できるようになる
  • あらゆる中間マージンがなくなる
  • 海外送金が瞬時に実現できる
  • トラストレス=信用する為のコストがかからない



暗号通貨が一般的になることで、海外送金にかかる高額な手数料の問題であったり、時間と手間をかけずに、手軽に決済をすることができるようになります。

個人的には、今のうちから仮想通貨への投資をコツコツやっておくべきだと思っています。仮想通貨の積立投資を以下のブログにまとめているので良ければチェックしてください。



また、銀行手数料であったり、アプリ課金の手数料であったり、様々なシーンでかかっていた「仲介取引業者」による「中間マージン」がなくなっていくとも言われています。

そして、ブロックチェーンがあることで、全ての取引が「トラストレス」になります。トラストレスとは疑う必要がないと言う意味。

これまでは何かの取引をする為には多くの工程が存在していました。

ブロックチェーンという「取引(Transaction)の信頼性を担保するテクノロジー」によって、信用調査といった確認作業がなくるので、そのためのコストがかからなくなります。

そうなると、これまでにかかっていた人件費などのコストを削減することができるので、あらゆるモノとサービスの価格が下がって行くのではないかと思います。

WEB3.0によって「インターネットの民主化」が起きることで、より生活の質が高まっていくことを期待したいものです。

  • この記事を書いた人

ノジソウ

本業はサラリーマン。中小企業で管理職をやりながら、副業でブログを書き続ける孤独な副業ブロガー。自分の体験してきた事や、購入して良かったおすすめアイテムを紹介します。自称ミニマリスト。お酒と音楽を愛している。