人生哲学 自己啓発

人生をワクワクさせる5つのルール【未来の期待度を上げよう】

2019年12月10日

こんにちは。働き方応援ブロガーのノジソウタ(@nojisoufreedom)です。

自分の人生をワクワクさせる。誰もがそんな想いを抱いた事があるのではないでしょうか?

ところで何気なく使っている「ワクワク」ってどんな意味なんでしょうか?
念のため、調べてみました。

ワクワクとは
心が弾んで落ち着かない状態ということです。


ドラゴンボールの孫悟空が「オラ、ワクワクしてきたぞ!」とよく言っているように、悟空は強敵に会う度に、心がはずんでしまい、落ち着かない状態になっているという事がよく分かります。

ここではこの、ワクワクを感情の部類に例えて「ワクワク感」と名付けましょう。

このワクワク感とは、自分の人生において最も大切なファクターであると考えます。

このワクワク感を人生・生活に蔓延させる事で、より幸せで豊かな生活を送る事ができます。

人生をワクワクさせる5つのルールについてお話をしていきます。

この記事はこんな方におすすめ

  • 人生にワクワク感を取り入れたい方
  • これから進むべき道を見失っている方

好きな事から予定を入れる

あなたのスケジュール帳には、好きな事をする予定がどれだけ詰め込まれていますか?
一週間に1つか2つくらいしか、好きな事に取り組む時間がないようであれば、少なすぎて致命的なので見直していきましょう。

理想的なのは「エブリデイ・ワクワク」を目指しましょう。

好きな事 = 自分がワクワクする事でもあります。

ワクワクする事は、人によって違うと思いますが、その人が興味のある事であると思います。

  • 好きなスポーツをする
  • 好きなアーティストのライブに行く
  • 好きな映画を見に行く
  • 美味しい料理を食べに行く
  • 美味しいお酒を飲みに行く
  • 友人と買い物に行く
  • 習い事のダンス教室に行く
  • 家族・友人と旅行に行く
  • 自己啓発・学びの時間を過ごす
    ※すべての趣味に没頭する時間を過ごす。

人生は一度きりです。社会人になると仕事ばがりになってしまい、自分を大切にする機会が極端に減ります。

これからは100年生きる時代です。長い人生の中では、ワクワクしない事から切り捨てていき、なるべくワクワクするような予定から詰め込んでいきましょう。

日記をつける、記録をつける


日記でもブログでも自分の備忘録として記録できる物であれば何でも良いです。

自分の成長が垣間見えるような記録にするのがベストです。

一ヶ月前はこのくらいの結果だったけど、今はこのくらいの結果になったという形で、前進している過程が分かるものが良いです。

その時に起きた嫌な出来事も、良かった出来事も記録しておきましょう。

自分が感じた事を、振り返ったり、数字的な観点で分析する事で、あらためて自分を客観的に見れるようになります。

サプライズを巻き起こす

より多くのサプライズを巻き起こしましょう。

誰かの期待以上の取り組みをする事がサプライズです。

サプライズは他人からの自分の評価を上げる効果がありますが、誰かの期待に応えようする考え方や行動自体が、自分自身のモチベーションを上げていき、その取り組みの過程において、高いワクワク感を得ることができます。

・相手の期待値を上回る仕事をする
・日頃の感謝を言葉やプレゼントにする
・日頃助けてもらっている仲間へ差し入れする
・感謝の手紙を書いて渡す

誰かの為に「ワクワクする」最高な時間ですね。実践しましょう。

新しいことに挑戦する

どんどん新しい事に挑戦をしていきましょう。同じ事の繰り返しだと、マンネリ化するのが人です。

同じ事の繰り返しの中には、残念ながら新たに成長する機会はありませんし、年数が過ぎていくにつれてワクワク感は失われていきます。

これまで取り組みたくても、取り組めなかった新しい事にチャレンジしていきましょう。

新たなスキルを身につけるもよし、これまで趣味にしていた事を本業にして取り組むもよし、新たな決断をして挑戦していくという行動の中に、大きなワクワク感を得ることができます。

人の性でしょうか、現状維持や衰退していく中には、ワクワクするという感情は生まれません。

向上していく、向上しているという感覚の中に、濃厚なワクワクが詰まっているのです。

自分の努力や頑張りを認めて褒める

自分が努力している事、頑張っている事を、素直に受け止めて、自分を褒めましょう。

自己効力感という言葉がありますが
「セルフエフィカシー」と言って自分には出来るという自信のような感情で、自己効力感が高いとポジティブで前向きな行動をすることができます。

自分を褒めるってどうやってやるの?といった感じですが

文章に書いて自分を褒めても良いですし、動画を撮影して自分への激励のメッセージを送っても良いですし、セルフハグといった手法で、自分で自分を抱きしめる事で幸福感を得る事も出来ます。

上記を見ると気持ち悪い・・と感じる方もいるかもしれませんが、私は真面目に大事な取り組みだと思っています。

これはマインドコントロール法なので、自分の気持ちが高まればそれで良いと思います。

そして、自分で自分を認めてあげる・・最高にかっこいい事だと思います。

自分を認めて褒める事で、自己効力感が生まれ、高いワクワク感を得る事が出来るのです。

まとめ

ここまで「人生をワクワクさせる5つのルール」についてお話してきましたが・・

この記事を書いていく中で気づかされたのですが、ワクワクとは簡単に言えば「未来への期待」なのではないかと思います。

それをやる事自体に気持ちがワクワクして、そのワクワクが自分自身を高めていく、そして成長の糧となる事に更にワクワクしていく。

この未来へのワクワクの連鎖が続いてくことで、自分の人生そのものをワクワク感で埋め尽くすことができるのだと思います。

人生はワクワクさせてナンボ!という精神で日々を過ごして参りましょう!

  • この記事を書いた人

ノジソウ@管理職リーマン

人材系の管理職リーマン。ブラックな企業で社畜となり消耗してきた経験を糧に「すべての働く人達に希望を!」という自己満なテーマで発信中。2児の父。 座右の銘は『すべてに一喜一憂しない』である。読書・ギター・動画編集・ビールが主な趣味。

Copyright© サラリーマンの羅針盤ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.